今月の視点

Home > 今月の視点

今月の視点

NEW 2021.12.01 - [LEARNING SHOT] - “勤労感謝の日”は“新嘗祭”

 今日は11月23日、「勤労感謝の日」。国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年法律第178号)第2条によれば、その趣旨は「勤労をたつとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう」となっている。
 日本では古くから、天皇が新穀などの収穫物を神々に供えて感謝し、自らも食する「新嘗祭」(にいなめさい)という祭事が行われてきた。第二次世界大戦後、新たに日本国憲法が制定され、祝祭日から国家神道の色彩を払拭するという方針のもとで新たに祝祭日を選定し直すことになった。1947年(昭和22年)に召集された第2回国会で祝祭日の名称の全面的な見直しが行われ、「勤労感謝の日」が採択され、翌年国民の祝日に関する法律に規定された。
 我が家では、祝日は“日の丸”を揚げるのだが、近所で“日の丸”を揚げている家はない。少年時代は、隣近所では祝日に国旗を揚げるのが常であったが、どの家もいつしか揚げなくなった。“日の丸”を目にするのは、オリンピックや国際大会でのウイニングランや応援の場面であろうか・・・。“君が代”もまた然り。
 スタンフォード大学フーバー研究所が、時を経て公開された「アメリカの日本占領時代の文書」を調べているが、占領政策の大方針として、“日本が、二度とアメリカに歯向かわないように”、“日本が、自国に誇りを持たないように”と記述されているらしい。さらに、個々の政策が生ぬるいのではないかと問われた最高司令長官マッカーサーは、“40年後の日本を見てくれ!”と答えたそうだ。戦後80年、日本人としての誇りもなく、自国を自分たちで守ろうともせずアメリカに依存する、アイデンティティのない日本人。マッカーサーの戦略は大成功だったのか・・・。まだ間に合う、“凜とした日本人を取り戻そう”
 アメリカやカナダでは、11月の第4木曜日は「感謝祭Thanks Giving Day」である。日本の11月23日は、米国流の「感謝祭」ではなく、古代からの「新嘗祭」がふさわしい。まして、米つくりを生業としてきた我が家である。“日の丸”を上げ、炊いた新米を“お稲荷さま”にあげて新穀を祝い、自然と神に感謝しよう。

ラーニング・システムズ
高原コンサルティングオフィス                                                
 高原 要次

LEARNING SHOT 記事一覧

NEW 2021.12.01:“勤労感謝の日”は“新嘗祭”

NEW 2021.11.01:山林は蘇るか?

2021.10.01:「神の米」

2021.09.01:「グリーン・ニューディール」

2021.08.01:「“人新生”・・・地球の危機」

2021.07.01:目には青葉 山ほととぎす 初鰹

2021.06.01:「マズローの欲求6段階説」

2021.05.01:「孟子」の名言

2021.04.01:「中庸」の名言

2021.03.01:「大学」の名言

解決への手掛かり 記事一覧

2018.11.01:2018年11月 『アウトプット力向上の秘訣は“明確さ、簡潔さ、インパクト”②』

2018.08.01:2018年8月 『アウトプット力向上の秘訣は“明確さ、簡潔さ、インパクト”』

2018.05.01:2018年5月 ”新人を伸ばす営業コーチング”

2018.02.01:2018年2月 人生100年時代 伸ばすスキルは“性格スキル!”

2017.11.01:2017年11月 GTD®メソッドが生産性を飛躍的に向上させる!

2017.08.01:2017年8月『マネジメント能力のアップ』“部下・若手に合わせた指導・育成”

2017.05.01:2017年5月 『働き方改革』“長時間労働解決の決め手は仕事の整理術にあり!”

2017.02.01:2017年2月 『Sales Performance System』④  “面談の実際”を見るフィールドサポート

2016.11.01:2016年11月 『Sales Performance System』③ “面談の締めくくりがヒット率の向上につながる”

2016.08.01:2016年8月 勝つ営業、成果の出る営業『Sales Performance System』② “売る営業から選ばれる営業へ”

くつろぎの空間 記事一覧

2018.09.03:2018年9月 “暑い夏と白い百合”

2018.06.01:2018年6月 “それが “魂” のプログラム”

2018.03.01:2018年3月 “感 謝 状”

2017.12.01:2017年12月 “兄弟のような教授と助教授”

2017.08.29:2017年6月 “長崎市名誉市民第1号”

2017.06.01:2017年6月 “8月の蜂”

2017.03.01:2017年3月 “長寿祝い”

2016.12.01:2016年12月 “大事な存在”

2016.08.31:2016年9月 “還暦の年、感動の8月”

2016.06.01:2016年6月 “野菜つくり7年目”

LEARNING SHOT解決の手掛かりくつろぎの空間


Pagetop