今月の視点

Home > 今月の視点

今月の視点

NEW 2019.04.01 - [LEARNING SHOT] - あずさ2号!

 ある流行歌を聴くたびに、何とも納得しがたい妙な気分になる歌がある。それは、狩人が歌う「あずさ2号」である。恋人と別れ、東京から列車に乗って信濃路に向かうヒロインの心情を歌った曲であり、歌詞は“8時ちょうどの「あずさ2号」で、わたしはわたしはあなたから、旅立つのです”と、なっている。
 おかしいでしょう、変でしょう!特急列車のナンバーは、下りが奇数、上りが偶数なのに・・・。新宿8:00発で信濃路へ向かうのは下り列車だから、号数は奇数のはず。「あずさ2号」ではなく「あずさ3号」でなければならない!日本国中、この曲を聴いた人は疑問に思わないのか!
 ものごとには、原理原則がある。あるルールに基づいて決められている。新幹線の駅名で“新”がついている駅とついていない駅があるが、在来線と新幹線が同じ構内であれば“新”がつかず同じ名前、場所が異なる場合は“新”をつけて別の駅になっている。在来線、新幹線どちらも特急列車の号数は、下りが奇数、上りが偶数なのである。ルールを違えてはいけない。
 ところが、ところが、狩人の「あずさ2号」が発売された1977年には、新宿駅を8:00に発車する列車は「あずさ2号」だったのである。当時国鉄の在来線愛称列車の号数は上り・下り列車それぞれに1号から付番されており、8時ちょうどの下り列車は「あずさ2号」だったのである。
 号数の付番が、下りが奇数、上りが偶数と決められたのは、翌1978年10月2日のダイヤ改正時だったのです。
 ルールというのは、変わるのですね・・・。まいった、まいった。

ラーニング・システムズ
高原コンサルティングオフィス
高原 要次

LEARNING SHOT 記事一覧

NEW 2019.04.01:あずさ2号!

2018.12.03:2018年12月 「二宮金次郎は、どこにいった・・・」

2018.10.01:2018年10月 「無理をしない」とは、何をすること・・・

2018.07.02:2018年7月 「生産性向上 覚悟しよう!」

2018.04.02:2018年4月 「エンゲージメント」

2018.01.04:2018年1月 「広がるアジア、縮む日本」

2017.10.02:2017年10月 「考える力」

2017.07.03:2017年7月 「教養・・・」

2017.04.03:2017年4月 「ワークシフト、ライフシフト」

2017.01.05:2017年1月 「最高の教育とは・・・」

解決への手掛かり 記事一覧

2018.11.01:2018年11月 『アウトプット力向上の秘訣は“明確さ、簡潔さ、インパクト”②』

2018.08.01:2018年8月 『アウトプット力向上の秘訣は“明確さ、簡潔さ、インパクト”』

2018.05.01:2018年5月 ”新人を伸ばす営業コーチング”

2018.02.01:2018年2月 人生100年時代 伸ばすスキルは“性格スキル!”

2017.11.01:2017年11月 GTD®メソッドが生産性を飛躍的に向上させる!

2017.08.01:2017年8月『マネジメント能力のアップ』“部下・若手に合わせた指導・育成”

2017.05.01:2017年5月 『働き方改革』“長時間労働解決の決め手は仕事の整理術にあり!”

2017.02.01:2017年2月 『Sales Performance System』④  “面談の実際”を見るフィールドサポート

2016.11.01:2016年11月 『Sales Performance System』③ “面談の締めくくりがヒット率の向上につながる”

2016.08.01:2016年8月 勝つ営業、成果の出る営業『Sales Performance System』② “売る営業から選ばれる営業へ”

くつろぎの空間 記事一覧

2018.09.03:2018年9月 “暑い夏と白い百合”

2018.06.01:2018年6月 “それが “魂” のプログラム”

2018.03.01:2018年3月 “感 謝 状”

2017.12.01:2017年12月 “兄弟のような教授と助教授”

2017.08.29:2017年6月 “長崎市名誉市民第1号”

2017.06.01:2017年6月 “8月の蜂”

2017.03.01:2017年3月 “長寿祝い”

2016.12.01:2016年12月 “大事な存在”

2016.08.31:2016年9月 “還暦の年、感動の8月”

2016.06.01:2016年6月 “野菜つくり7年目”

LEARNING SHOT解決の手掛かりくつろぎの空間


Pagetop