今月の視点

Home > 今月の視点

今月の視点

NEW 2021.09.01 - [LEARNING SHOT] - 「グリーン・ニューディール」

 「グリーン・ニューディール」とは、「環境保全・再生可能エネルギーなどの産業分野に大規模な投資を行い、新たな雇用を創出し、経済活性化を目指す政策。従来の道路・ダム建設などの公共事業ではなく、環境ビジネスに投資することで、地球温暖化対策など環境問題への取り組みと経済再生の両立をはかるものとして期待されている。太陽光・風力・バイオマスなど再生可能エネルギーの利用拡大、電気自動車・プラグインハイブリッド車・燃料電池自動車などの次世代自動車の開発・普及など、さまざまな取り組みが各国で行われている。基本的な柱は、再エネと省エネの導入拡大による景気回復(雇用拡大)と温暖化防止である。“2050年、カーボンニュートラルの実現”に向けての、世界的な取り組みである。
 2017年のノーベル経済学賞は、行動経済学のリチャード・セイラー(米シカゴ大学教授)が受賞した。彼は、人間の本質として ①短期的視点しか持たない ②得よりも損を気にする ③不公平に敏感 の3つを挙げている。
 ①気候変動の被害が深刻になるのは将来 ②気候変動の対策には膨大はコストがかかる ③気候変動対策をやっている国とやっていない国がある、 と多くの個人が感じているならば、パリ協定で設定した2100年までに地球の平均気温の上昇を、産業革命以前に比べて2℃以下(努力目標は1.5℃)に押さえようという目標を掲げても、真剣にはならない。また、“地球にやさしく”という言葉や、“SDGs”のバッジをつけても、各人の行動スイッチは入らない。
 やはりこれは、各人の心がけやスローガンだけではなく、例えば国として地球的視野・長期的視野にたって、ジャスティス(正義)を発信し未来社会のことを真剣に考えて、義務化しなければ、実現しないのではなかろうか。果たしてそれが、この国で可能か・・・。
 それを法律という制度にまでした「国(カントリー)」が地球上に1つだけ存在する。ウエールズである。2015年に制定した「未来社会の豊かさと幸せに関する法(Well-being of Future Generations Act)」であり、これは「政府や地方自治体などのすべての公的機関はでの意思決定において、未来世代の利益が十分に検討されているかの検討が義務づけされた法律」である。
 我々は日本人として、また地球人として、次の世代に対して、未来に対して良い環境を残す責任がある!

ラーニング・システムズ
高原コンサルティングオフィス

高原 要次

 




 

 

LEARNING SHOT 記事一覧

NEW 2021.09.01:「グリーン・ニューディール」

2021.08.01:「“人新生”・・・地球の危機」

2021.07.01:目には青葉 山ほととぎす 初鰹

2021.06.01:「マズローの欲求6段階説」

2021.05.01:「孟子」の名言

2021.04.01:「中庸」の名言

2021.03.01:「大学」の名言

2021.02.01:「論語」の名言

2021.01.01:「日本国憲法」

2020.12.01:「トモダチ作戦(Operation Tomodachi)」

解決への手掛かり 記事一覧

2018.11.01:2018年11月 『アウトプット力向上の秘訣は“明確さ、簡潔さ、インパクト”②』

2018.08.01:2018年8月 『アウトプット力向上の秘訣は“明確さ、簡潔さ、インパクト”』

2018.05.01:2018年5月 ”新人を伸ばす営業コーチング”

2018.02.01:2018年2月 人生100年時代 伸ばすスキルは“性格スキル!”

2017.11.01:2017年11月 GTD®メソッドが生産性を飛躍的に向上させる!

2017.08.01:2017年8月『マネジメント能力のアップ』“部下・若手に合わせた指導・育成”

2017.05.01:2017年5月 『働き方改革』“長時間労働解決の決め手は仕事の整理術にあり!”

2017.02.01:2017年2月 『Sales Performance System』④  “面談の実際”を見るフィールドサポート

2016.11.01:2016年11月 『Sales Performance System』③ “面談の締めくくりがヒット率の向上につながる”

2016.08.01:2016年8月 勝つ営業、成果の出る営業『Sales Performance System』② “売る営業から選ばれる営業へ”

くつろぎの空間 記事一覧

2018.09.03:2018年9月 “暑い夏と白い百合”

2018.06.01:2018年6月 “それが “魂” のプログラム”

2018.03.01:2018年3月 “感 謝 状”

2017.12.01:2017年12月 “兄弟のような教授と助教授”

2017.08.29:2017年6月 “長崎市名誉市民第1号”

2017.06.01:2017年6月 “8月の蜂”

2017.03.01:2017年3月 “長寿祝い”

2016.12.01:2016年12月 “大事な存在”

2016.08.31:2016年9月 “還暦の年、感動の8月”

2016.06.01:2016年6月 “野菜つくり7年目”

LEARNING SHOT解決の手掛かりくつろぎの空間


Pagetop