ラーニング・スタイルセミナー

Home > 研修 > ラーニング・スタイルセミナー

ラーニング・スタイルセミナー:Learning Style Seminar

「LSS:ラーニング・スタイル・セミナー」は参加者に気づきを与える研修をテーマ に、研修教育の企画担当者の方には、担当者にとって必要十分な知識・スキルを身につけて頂き、効果的な研修の企画や見直し研修の準備及び講師の力量を見分 けるポイントを習得することを目的としています。
また、社内講師の方には研修を成功させる準備の仕方、参加者の参加意欲を高める研修の展開方法、実践的なインストラクション・スキルを学習することを狙っています。これにより、研修教育に携わっている方の問題が解決し、より研修が充実しますので、会社全体の生産性の向上 に多いに役立ちます。

コースの目的

■研修教育の企画担当の方の中には、
 ・目前に研修を控えているが、初めて研修教育に携わるため何から手をつけていいのか分からない。
・今年度の基本方針等に沿って、新たに研修を企画、あるいは研修内容の見直しをしたいが、どのようにすればいいか分からない。
・現場で役立つ実践的な内容にしたいが、研修のための研修で終わっているような気がする。
■また、社内講師の方の中には、
 ・商品知識や専門知識、階層別の研修をより効果的に行いたいが、どうしても一方的な講義になってしまう。
・初めて研修を担当するので、効果的なインストラクション・スキルを身につけたい。
・今まで自己の経験則で行ってきたので、充電の機会を持ちたい。
というような問題を抱えていらっしゃる方がいるかもしれません。いずれも、教育研修に携わっている方だけの問題でなく、研修の参加者、ひいては会社の生産性に関わってくると言っても過言ではないでしょう。

期待される効果

  • 会社の基本方針や参加者のニーズに合わせた研修の企画や見直しができるようになる
  • 参加型の研修手法を講義型の研修へ応用できるようになる
  • 「気づき」を与えるよう研修を組み立てることができるため、参加者の行動変容性が高まる
  • 研修運営で必要とされるインストラクションの、基本的な考えやスキルが身につく
  • インストラクションに対しする不安がなくなり、自信が持てるようになる


コース情報

対象 研修教育の企画担当者及び社内講師の方
人数 1クラス 10 名位
実施期間 2日間

コースプログラム

1日目 2日目
9:00 1.オリエンテーション (前日の振り返り)
・コースの目的
・最高の学習経験と最低の学習経験 3.コースの準備
2.コースの企画 ・コースの目標設定
・ティーチングとラーニング ・コースデザインの考え方
12:00 ・4MATモデル
昼   食
13:00 ・「気づき」を与える研修の作り方 4.インストラクション・スキル
・効果的な学習のステップ ・インストラクション・スキルの基本
・研修企画と見直しのポイント
3.コースの準備 ・インストラクションの練習
・インストラクターの役割とは
17:30

ビジネススキル向上コースプログラム


Pagetop